胃炎の対処法

だいぶ胃の調子もましになってきました。
胃をやるのは2回めなので、流石に今回はあまり慌てることもなく(結構痛い痛い言うたけど)症状もおさまってきました。
何事も慣れですなー

せっかくなので胃炎にやさしい暮らしの術を書いておこうかと思います。



まず胃炎の痛みについて。2種類の痛みがあります。

胃の中から一点を刺すような痛み。まさしく点で痛みがやってきます。
個人的にこれはストレス性のことが多い気がする。
ストレスの多い職場の方なんか心当たりあるはず。

鈍痛。たぶん胃がただれていてそこに胃液が出ることで胃がよじれている模様。
結構特徴のある痛みで、胃を内側からぐおーーーーと何かが押してるような痛み。
波がありますが、食前食後にやってきます。胃になにか食物を入れると一旦はおさまる。

今回は2回めなのですぐに「胃炎だ…」とわかって対処できましたが
前胃潰瘍になったときは、まだ症状が胃炎レベルだったときに「胃があれてるのかなー」ぐらいに放っておいて悪化させてしまったので、是非このような痛みを感じたら四の五の言わず病院へ行ってくださいませ。



痛いときの応急処置はとりあえず牛乳。
牛乳を人肌に温めて、それをまるで熱燗を飲むようにちびちびと飲んでください。
それで少しはましになるはずです。
ヨーグルトでもいいです。



あと、胃炎の時は食べ物が難しいです。
あかんのは
・早食い
・あつあつ
・消化の悪いもの
・かたいもの
・香辛料

この5つ。

食べていいもの・わるいもの
http://ikaiyo.han-be.com/sub4.html
人によってきくらげやお魚の種類は、良いと言われたり悪いと言われたりするみたいですが、とりあえず柔らかい温かいものを食べるのがいいみたいです。

究極は、おかゆさんとおうどん。胃潰瘍になったときはまじでこの2つばっかりしばらく食べてて精神的につらかったです笑。

とにかく、食事にものすごく時間をかけることが大切!
少々胃に悪そうなものでも、アホかというぐらいよく噛んで唾液をよく食べ物になじませることで、胃への負担は大きく減ります。
普段から人より小食なのですが、小さいお茶碗とおかず1品とかでも最低1時間は時間かけて食べるようにしています。
で、痛みがひどい時期であればそのあと右を下にして寝てしばらく安静にしておく。


ゆっくり食べるのはほんまにいいよー!

というか普段からゆっくり食べるべきだなあと思った。ちょっとの量で満腹感も得られるしな!



でもとりあえず病院に行くのが大事です。
わたしはストレス性のものでしたが、ピロリ菌によるものだったり、胃がんだったりする場合があるので。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 全般性不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 対人恐怖症へ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。