極から極へ飛んで行く

鳥が好きです。


キョクアジサシ という鳥がいる。
この鳥、北極から南極まで行ってはまた北極まで帰り、という渡りルートを一生繰り返す壮絶すぎる鳥なんだけれども、極から極へという意味でbipolar disorderとしてはさ、なんとなく親近感がある。

そもそも鳥の渡り行動は食物や気候の関係で成り立ったのはよくわかるんだけれども、それにしたってなんでまた北極から南極て…他にもアナタ行くとこあるでしょう…って思うんだな。

鳥好きとしては、
鳥の渡りのタイプや種別をを気分変動のスペクトラムとして考えたら結構おもしろくって、
ずっと明るい陽気な人は熱帯の留鳥タイプだなー
まあまあ印象の良い安定感ある人は温帯の留鳥かー
気分が変わりやすいけど楽しい人だなーぐらいの人はルートの短い温帯渡り鳥でー
人見知りするんです的な気分やさんは寒帯の渡り鳥やなー
いつも元気だったあの人がまさかのウツ?!というのは迷鳥であってー
自分でいやになるぐらい気分がうつろう人は半球をぐりんぐりんする渡り鳥なのかー
とか、考えたら、トリジンじゃないけれどもなんとなく人が鳥っぽく思える

わたしは鳥の中でも熱帯にすむ艶やかな鳥が大好きなのだけれども
それもなんだか、ひとどころに留まって歌ったり踊ったり巣を飾ったりをぶれずにやっているトロピカルぶりが羨ましいな、という自分の視点を思えばますます自分がアジサシか何かに思えてくる不思議…



でも、渡り鳥は皆隊列を組んで移動するやん、ひとりで渡ったりしないやん、そう思ったら渡り鳥はうらやましいなあ。






赤道が0ポイントかと言われれば、
どちらかというと赤道ってそれだけで躁鬱的な感じがするのでなんかが違うね。


あー生まれ変わったら鳥になってみたいやあ







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 全般性不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 対人恐怖症へ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【極から極へ飛んで行く】
鳥が好きです。キョクアジサシ という鳥がいる。この鳥、北極から南極まで行ってはまた北極まで帰り、という渡りルートを一生繰り返す壮絶すぎる鳥なんだけれども、極から極へとい...
  • 2012/07/06 15:06
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。